フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2013年2月18日 (月)

ベネトンマック

R0024996

PB-170のカラーリングを替えたモデルで、500台限定の通称「ベネトンマック」です。残念ながらパーツが一部欠品です。そのうち手に入るかな?

2008年10月14日 (火)

68kで最もスタイリッシュな1台「Quadra605」

Q605

1993の10月に発売された「Quadra605」です。これは国内では未発売のモデルで、北米仕様の475です。Quadraという名前ですが、CPUはコプロ無しの68LC040/25Mhzで筐体以外はLC475と共通です。475同様そこそこのパワーが有るので、拡張性を我慢し用途を絞ればけっこう使えます。10年程前、今はなきソフマップのトレジャー館で起動不能のジャンクとして購入!LC系というより610系のコンパクト版って感じの筐体はとてもスタイリッシュで、LC系としては最も好きな筐体の一つです。

Q607

VRAMは標準では512k(256k x 2)ですが1024k(512k x 2)に増設可能で832x624で32000色、1152x870で256色と十分な性能を持っています。

Q608

チップ抵抗の位置交換で簡単にクロックアップでき33MhzにしてPPCアップグレードカードを載せています。これでPPC601/66Mhzになっています。メモリはノーマルの68kだと132MB(128MB+オンボード4MB)まで認識しますが、PPCアップグレードカードを入れると36MB(32MB+オンボード4MB)しか認識しません(^ ^;

カードには68kのCPUを載せるスロットが有り、コンパネで68kとPPCの切り替えが出来ます。PPCモードではVRAMを追加しても認識できないので、一度68kモードで解像度の切り替えをしてからPPCモードに切り替えて下さい。

ジャンクの理由は電池切れに因る起動不能でした。電池切れだと起動音はしますが、画面が真っ暗なまま起動しません。当時は色々問題になったようですが、不具合の少ない素性の良いマシンの一つです。久しぶりに電源を入れたのですが、電池を入れ替えればしっかり起動してくれましたv(^_^)v


2007年11月 4日 (日)

IIci 040/40Mhz Booster

Ci510

MicroMacが「じゃじゃ馬」なら、こちらは「優等生」「InterWare」の「Booster040」を搭載したIIciです。

Ci501

これが「InterWare」の「Booster040」です。33Mhzと40Mhz版があるのですが、オシレータ交換で簡単にクロックアップできます。しかもこのアクセラレータ、コンパネ要らずで相性問題には強いほうです。

Ci502

オプションでキャッシュが用意されていて、裏に128kのキャッシュをつけられます。これをつけるとかなりの体感アップが得られますので、見つけたら是非ゲットしてください。

Ci503

これは珍しいメーカーの貸し出し品です(゚-゜)\バキ実はこのメーカーが倒産した時に、秋葉に大量に売れ残り在庫が流出したのですが、その時に見つけてゲットした物です。

Ci506

ビデオカードはRadiusThunder24GTを付けてます。こちらもハイエンドカードのひとつで、かなり速いです。DimmoのIIciのと同じですが、時期が違うのかレイアウトがかなり違います。

Ci505

10Baseのイーサカードです。

Ci507

こちらにもオーディオメディアを付けています。これは非常に安定してるので、オーディオ取り込み用に使っていました。


Ci508

ふたを開けて中身を見ると、いまでもニンマリしてしまいます。やっぱり変でしょうか?・・・・(゚-゜)\バキ

2007年11月 2日 (金)

IIci 040/50Mhz Carrera

Ci408

さて、いよいよIIciも040化してさらに快適に♪ロングセラーならではの楽しみですね。アクセラレータはこれ・・

Ci401

とても気難しい「MicroMacのCarrera040」です。こちらはマック仲間のtamaruさんからいただいたものです。不動品との事でしたが、CPUを載せ変えたら問題なく起動(^ ^;しかもこのCPUフルスペックのMC68040で、50Mhzでも安定動作します(^_^)でもさすがにキャッシュはついてこれないので、付けてませんが、040の50Mhzはかなり速いです♪

コンパネを使いますが、もともとMobius社を買収しSpeedStarをリネームした物なので、そのコンパネでも問題なく動きます。他のカードとの相性も厳しくJackHammerやSiliconExpressなどのSCSI-CardがNGだそうです。

Ci404

ところがこのSCSIカードが使えました。Nuport IIIです。5MBオーバーは出ますから、かなりのパフォーマンスアップです。こちらは専用のフォーマッタが必要です。もっとも、サードパーティの有名どころのフォーマッタなら、問題なく使えます(^ ^;

Ci402

ビデオカードはCarreraですからLeMansGTを奢りました。真っ赤なとても存在感のあるカードで、これも相当高価でした(^ ^;これならフォトレタッチもさくさく?こなせます。こちらはコンパネとINITが必要です。もちろんPPC対応ですが、相性は結構出ます。

Ci405

後の一つは、オーディオメディアにしました。こちらはオーディオカードで、CDクオリティの録再が可能になります。選択肢としてはフォトショップのアクセラカード(サンダーストーム・前出)とかでも良いかもしれませんが、せっかくSCSIを強化したので、オーディオの編集用にしました。こちらは専用の波形編集アプリ「サウンドデザイナー」が付いて来ます。これにINITが入ってます。

Ci406

こんな感じですv(^_^)vメモリは16MBを8枚でQ650の電源を移植して万全の体制です。IIciの弱点をすべてカバーした完璧な040 IIciの完成です(^_^)


2007年11月 1日 (木)

カラクラでタワー

Tower01

どうです?懐かしくありませんか? まきがめから始まって、クロンダイクにピラミッド、うにょに上海、そして倉庫番・・・・ いったいどれだけの時間を共に過ごしたでしょうか?・・・(゚-゜)\バキ

Ccla01

左はパフォーマ275で右がカラクラIIです。どちらも手を入れてます(^ ^;

Ccla02

Ccla03

Mystic仕様のカラクラです。こちらはロジックの差し替えだけでノーマルです。HDDが壊れていた物をいただきました。そのうち用途を見つけたやろうと思います。

Ccla04

Ccla05

Takky(懐かしいっすね)化したパフォーマ275です。ロジックは630を40Mhzにクロックアップした物を、メモリは64MB、HDDはDCASの2Gを搭載。モニターはVGA化してるので、たいてい?の用途には使えます(^ ^;

こちらは購入後かなりの情熱をかけて(゚-゜)\バキパワーアップしてます。もう二度とこんな作業したくないです(^ ^;が、それなりに良い働きをしてくれました。結構パワフルなのでスキャナの取り込みと写真の下処理加工に使ってました。あとはノーマルのカラクラです・・・(゚-゜)\バキ

IIciでフォトショップ

Ci307

さてこちらはフォトショップ用にチューンされたIIciです。

Ci301

アクセラレータはDiimoの30/50です。こちらもコンパネを使います。キャッシュが128kなので、体感はデイスターのパワーキャッシュより若干速いです。

Ci302

10baseのイーサカードです。この機種で処理できるファイルなら10baseで十分だと思います。

Ci303

ビデオカードはちょっと奢ってみました。ラディウスのサンダー24GTです。これはとても高価なカードでした。こちらはコンパネとINITが必要です。かなりの体感アップがあります。

Ci304

最後にこれは珍しいスーパーマックのサンダーストームです。これはフォトショップ用のアクセラレータで、このカード専用のプラグインでフィルターの処理を劇的?に速くします。

Ci306

もちろんスロットはフルでメモリはシムダブラーで64MBにしています。それと電源をQ650の物と交換しています。フォトショップはver2.5です。サンダーストームのフィルターは確かに速いです。ビデオカードのおかげでスクロールも結構速いので、ちょっとしたレタッチなら満足のいくレベルで使えます。

すごいですねマックは♪

2007年10月29日 (月)

IIciでハードディスクレコーディング

Ci108

マック黄金期を支えた名器IIciですが、拡張性の高さを利用して、使いたおしてた方も多いのではないでしょうか?うちには、それぞれの用途別にパワーアップしたIIciが8台程おりますが、少しずつこちらにアップしてみます。まずは録音専用1号機、アクセラレータからです。

Ci101

デイスター社のパワーキャッシュです。030の50MHz版です。コンパネがありKT7.5.5でもサクサク動きます。これには030PDSでも使えるユニバーサル版もありますが、IIci専用のものもあり、他の機種ではアダプターが必要です。

Ci104

ビデオカードはスーパーマックのスペクトラム24PDQ+です。こちらもコンパネが必要で、そこそこの体感アップがフルカラーで楽しめます。

Ci102

10Baseですがネットワークカードも入れてます。これは録音したファイル転送のためです。こちらは純正品です。

Ci103

そしてこちらがデジデザイン社のオーディオメディアです。これは業界標準プロツールズの原型です。このカードでIIciでもCDクオリティの録再が可能です。当時はとんでもなく高価なカードでした(^ ^;

Ci105

これでスロットは全部埋まります。もちろんネットワークカードじゃなくSCSIカードっていう選択肢もありますが、アクセラレータが優秀なので、ノーマルでも十分録再が可能です。


2007年10月 9日 (火)

Mac博物館?

ちょっと広めの部屋を借りました(^ ^; もちろんマック君たちのために・・・(゚-゜)\バキ

Kiti01

まだまだ全部発掘できてませんが、段ボール約170箱のうち2/3はマック関連です。ほぼ6割を開封したのですが既に棚はこの状態です。この棚3列に60台のベージュマックが並んでます。

Kiti02

押し入れの中にはこうやってコンパクトマックが・・・(゚-゜)\バキ
場所は横浜の磯子ですが、作業スペースもしっかり有るので、是非遊びにきてくださいね(^_^)


2007年3月 4日 (日)

IIciを現役で使う! step2

続いて一番手っ取り早いアクセラレータの取り付けです。

Applecache

純正のキャッシュです。コンパネとかは要りません。体感というにはほど遠いですが、ベンチマークではそれなりの改善がみられます。

Daystercache

これはサードパーティーから出ていたキャッシュです。各社から出ていましたが、中にはコンパネを使い体感がそれなりにアップする物も有ったようですが、どうせならアクセラレータ機能がついた物を探してみて下さい。

Diimo3050

これはお薦めのアクセラレータです。030/50Mhzにクロックアップし、さらにアクセラレータ機能付きのキャッシュが載ってます。かなり体感があがります。お薦めはKT7.1ですが、KT7.5.5あたりならストレスも感じません。

これ以外に定番DaysterからはPower Cache(030/50Mhz)Inter WareからはBooster 030が出ていましたが、Diimoがキャッシュが一番大きい(128k)ので、体感では頭一つ抜け出していました。

2007年3月 2日 (金)

IIciを現役で使う! step1

大好きなIIciですが、さすがに現役で使うには無理が有ります。そこで、ヘビーユーザー達によってなされた色々なパワーアップをご紹介します。まずはノーマルのIIciです。

Cinormal

メモリはパワーアップの環境により、最低でも4Mを8枚用意して下さい。これでKT7.5.5くらいまでならなんとかなります。HDDは中古で手に入る1G〜4Gくらいのものを探して交換しましょう。これだけでかなり快適になります。余裕が有れば高価ですが16Mのメモリを8枚用意しましょう。これならOS8でも問題有りません。

次は拡張カードです。この機種のネックであるビデオ環境を見直しましょう。IIciは専用ビデオメモリを持たず、SIMMの1バンクのメモリを使っているので、どうしてもビデオが遅いです。そこで専用のNuBusビデオカードを追加します。たまにオークションでも見かけるので、チェックしてみて下さい。この中には、ビデオアクセラレータを装備した物も有り、画面表示はかなり早くなります。

Nu05

これは純正のビデオカードで、13インチでフルカラーがでる8.24というカードです。左下にシムスロットが着いた物も有りますが、これは廉価版で、68pinのビデオメモリ(その後8100まで続く拡張用メモリ)256KBを2枚させば同じになります。アクセラレータは着いてませんが、メモリがビデオ回路に取られないので、体感はけっこうアップします。

Nu12

これは今はなき日本のインターウェア社のアクセラ付きビデオカード「GrandVimage24-19」です。ビデオメモリの容量により対応解像度が変わり16/19/21があります。用途はグラフィックなので、そこそこの速さで色はかなり奇麗です。

Nu11

ついでにネットワークの仲間入りもさせましょう。これはNuBusのイーサカードです。これもオークションでたまに見かけます。10baseと100baseがありますが、100baseはけっこうなお値段ですので、G3化でもしない限り10baseで十分だと思います。

ノーマルのCPUで最適なシステムはKT6.07ですが、この後発表されたKT7.1だとちょっと重いので、System7をいれて、日本語化するのが当時流行りましたね。Sweet JamとGom Talkがあったのですが、ノーマルでも十分なパフォーマンスが得られました。今でもネット上に公開されてますので、この状態で楽しんでみて下さい。それにSpeedy Finderを入れれば、ほぼ完璧です。

第一段階のパワーアップと言えばこのくらいでしょうか。バージョンを選べば「エクセル」「フォトショップ」「ワード」「クラリスワークス」なんかが普通に使えます。もう20年近く前のパソコンなんですけどね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー