フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« EシリアルJB62-98 | トップページ | ジャズベレリック仕上げ »

2013年1月16日 (水)

ジャコは尊敬してますが、一番好きなのはジョンジーです♪

僕がベースを弾き始めたのは1976年の事です。初めて買ったのは高校の入学祝いを集めて買った「Fender PB」でした。何となくパープルのコピーバンドをやっていたので、シングルのハイウェイスターの写真を見て、買ったように思います。田舎町だったので実物は無く、お取り寄せでした。当時の国産よりは良かったのですが、満足のいく音では有りませんでした(^ ^; しかし他のベースを弾く機会は有りません(^ ^; 気付いたのは卒業後、上京してからでした。

Jpj02

当時から僕の一番のアイドルは、レッドツェッペリンのジョンポールジョーンズ(ジョンジー)でした。

Jpj01

そのジョンジーの愛器が「Fender JB 61年製サンバースト」何と同い年じゃないですか?同じ型のが欲しくてたまりませんでしたが、当時のジャズベはブロックポジションで重いアッシュ。楽器店で弾いても、イマイチ良い音がしませんでした。そうしてるうちに、東海楽器から、当時のレプリカモデルが出て、弾いてみると凄く良くて(^ ^; でも、すでにプレベを買ってしまったので、お金もなかったので、アリアのサンバーストボディに、ドットポジのPB用ネックを付けて、なんちゃってジョンジーモデルを作って弾いてました。そのうち、アイドルは「チャックレイニー」「ウィルリー」「ウィリーウィークス」「ジェマーソン」「ロバートポップウェル」「ゴードンエドワーズ」とプレベ弾きになり、オールドのプレベを購入したのですが、世は「ジャコパストリアス」が大ブームで、本家フェンダーもヴィンテージシリーズを発売し、フェンダージャパンが出来ました。もちろんジャズベは62年モデルのドットポジションモデルです。なんとなくレプリカやジャパンは抵抗が有り、オールドのジャズベ67モデルや、ムーンのコンポJBを買ったので、それをずっと使っていたのですが、ご存知のように弾くだけじゃなく、リペアも趣味なので、10年くらい前からオークション地獄にハマりました(^ ^; その結果がこれです・・・・

R0024754

左から
「91年LシリアルのJB62-128カスタムエディション(スワンプアッシュモデル)」
「98年カスタムエディションJB62-115NR(ノエルレディングモデル)」
「93年PシリアルのJB62-100」
「85年EシリアルのJB62-98」
「91年KシリアルJB-62-950」
「88年HシリアルのJB-62-75」
下左
「84年EシリアルJB-62-75(フレットレス改・Jaco's son)」
「89年JシリアルJB-62-75」新入り

スモールペグ・スパイラルブリッジのモデルを狙ってベットしました。たまにインチキも有りましたが、当たりはけっこう使えます。ピックアップやサーキット・ピックガードを替えたり、フレットを打ち替えたり、もちろんジャコモデルも有ります。改造途中の物は、そのままになってますが、手が治ったら少しずつ手を加えて行こうと思います。

この頃の日本の楽器は、本気ですv(^_^)v

« EシリアルJB62-98 | トップページ | ジャズベレリック仕上げ »

コメント

いやぁ壮観ですね!。
私も'76年スタートです。グレコのJB-450サンバーストのローズ指板ブロックポジションが初物ですが、たぶんカッコで選んだのだと思います。その後やはりジョンジーに憧れてドットポジションのワンピースネックに換装、プレベ入手後に自力でフレットレス化しました。今も手元にあります。弾くことはほぼ皆無ですが、手放せません。

ご無沙汰してます。Macから楽器に変わって、相変わらず置き場所との格闘です。お時間ありましたら、聖地でお茶でもいかがですか?

そりゃあもう是非!お茶けでつきあいます(゜_゜)\バキ
コメントの際に記したメルアドへでもご連絡いただければたいてい都合つきますので(^_^

了解しました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161784/48779562

この記事へのトラックバック一覧です: ジャコは尊敬してますが、一番好きなのはジョンジーです♪:

« EシリアルJB62-98 | トップページ | ジャズベレリック仕上げ »