フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ピックアップについて(ベース編) | トップページ | コントロールサーキット(キャパシタ編) »

2010年10月 2日 (土)

コントロールサーキット(ポット編)

これも昔からカスタマイズの対象でしたね ♪ 特にここ数年はちょっと過熱気味な様で(^ ^; とりあえず基本的な事から・・・

Pbwhm03

まずはパッシヴのプレベ、ポットは2個。ネックよりがボリュームでもうひとつがトーンコントロール(これはハイカット)です。このパーツをバリオームとかポテンショメータ(potentiometer)というのですが、これを略してポットと呼ばれてます。

Pbwhv08

Pb03

中はこんな感じになってます。カーブの違いは効き方で、一定に変わるのがBでゼロから緩やかに変わり、最期に急になるのがAカーブです。通常はフルから下げる方向に使うので、Aをボリュームにすると、ちょっと下げただけで急激に音量が下がり、微妙な設定が難しいです。だから微妙に設定したいボリュームをBにすれば良いです。USAフェンダーは標準でボリュームにB、トンコンにAを使うようです。そして真ん中がバリオームをトンコンに変えるためのコンデンサ(キャパシタ)です。よく見ると、この2つ配線が違いますよね?上はUSAFenderのVintagePBで、下はダンカンのピックアップに付いていた配線図通りに付けたものです。

Pbwirring

ちなみにこれがダンカンの配線図です。上の配線はJapanFenderのPB-62-70のものです。これはFenderでも時期によって違うようで、どちらでも同じです・・・たぶん(^ ^;

Pots06

上はJapanFenderのJB-62-75の近年ものについてたコントロールです。下のPB-62-70の初期のものより、かなり貧弱なパーツですよね?この辺りが、最近のJapanが良く無いという都市伝説に繋がってるんでしょうね。でも僕には音の違いは解りません(^ ^; だけどせっかくなので、交換しましょうv(^_^)vまずはバリオーム(ポット)です!

Pots07

色んな種類が有りますがパッシブのベースに使うのは250kΩか500kΩ(一般的にハイが出るシングルコイルは250でハイ落ちするハムバッキングは500)カーブは頻繁に使う人じゃなきゃどちらでも良いと思います。250より500のほうがハイ寄りの音が出る様なので、ブリブリしたい人は500を選べば良いのじゃないでしょうか?

Pots08

下の4つは左から「国産ミリシャフト¥250〜・Alphaインチ/ソリッドシャフト¥210・Alphaミリ/スプリットシャフト¥210・CTSインチ/ナイロンシャフト¥400」(秋葉価格)ここで問題なのが本体を留めるナットのサイズとシャフトのサイズです。国産はどちらもミリですが、CTSはインチで、Alphaはインチとミリが混在してます(^ ^;

Pots01

左がCTSで右がAlphaです。ナットの大きさが違うの解りますか?CTSなら取り付ける穴を拡げなければなりませんし、シャフトがインチサイズなので、ノブもインチに変えないと入りません。インチのノブはけっこう良いお値段するので、お財布と良く相談しましょう(^ ^; お薦めはAlphaのスプリットシャフトです。これなら国産のノブが使えますし、値段も安く耐久力も有り、トルク感もしっかりしてます。ただしシャフトが長いので、ノブを選びます(^ ^; まぁ鉄鋸で切っちゃえば良いのですが。切ればストラトにもそのまま使えますv(^_^)v

で、国産との違いですが、正直いって音の差は僕の耳では解りません(^ ^; ただ耐久力はUSに軍配が上がると思います。国産も悪く無いですが、使ってないと結構ガリが出ますよね?この心配はあきらかに少ないです。それと回したときの抵抗感!ちょっと重くていい感じです。オールドに標準装備のCTSのスプリットシャフトは秋葉価格でも¥600ほどします。だから僕はほとんどAlphaにしてます(^ ^;

Pots13

楽器屋だともっと良いパーツが有ります。これはクライオ処理されたCTSのバリオームで¥1491もします。凄い音がしそうですよね?

こうしてみると一番安いAlphaとクライオのCTSでは7倍も違うのですね(^ ^; 「標準米」と「魚沼産特選こしひかり」位の差でしょうか(^ ^; ちなみに最強のプレベはAlphaの500kΩにビタQを付けてみました。

続きはまた・・・・

« ピックアップについて(ベース編) | トップページ | コントロールサーキット(キャパシタ編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161784/37033100

この記事へのトラックバック一覧です: コントロールサーキット(ポット編):

« ピックアップについて(ベース編) | トップページ | コントロールサーキット(キャパシタ編) »