フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« PB熱 ♪ オークションでの失敗(^ ^; | トップページ | プレシジョンベース 愛♪その2 »

2010年9月11日 (土)

プレシジョンベース 愛♪その1

この楽器が音楽そのものを、変えたと言っても過言ではありませんね♪オリジナルは現行品と違いスワンプアッシュボディでコンターなし、テレキャスヘッドでメイプルネック、1951年の発売です。

Opb01

Japanのレプリカで良いので、欲しいのですが、さすがにタマ不足で値段が高い割に、実用性は微妙なので、持ってません(^ ^; スワンプのモデルがあれば、いずれ手に入れたいと思ってます。テレベのヘッド好きですし v(^_^)v その後、'54年にマイナーチェンジでコンターが付きました。(スティングのがこれです)

Pb5702

57年に大きくモデルチェンジされ、コンターはさらに磨かれ、アルダーボディ・ストラトヘッドにスプリットコイルPU搭載、アノダイズド・ゴールドピックガードを装着して発売されました。このモデルはMG'sの「ドナルドダックダン」のトレードマークです。

Pbwh07

Pb58

59年からはオプションでハカランダフラット張りのネックが追加され、サンバーストが2トーンから3トーンに変わりました。3トーン・メイプルモデルやアノダイズド・ハカランダモデル等は、後に発売されたヴィンテージシリーズにはラインナップされず、カスタムショップでリメイクされました。上はJapanのPB'62にアノダイズドピックガードを付けた「なんちゃってPB'59」

Pb62sb01

Pb6101

翌60年にはライバルジャズベースが発売とともに、メイプルネックが廃止され、ハカランダスラブ張り・セルロイド製の鼈甲ピックガードの最強モデルが登場しました。上は標準的なジャパンレプリカ「'62-SB」いわゆる「ジェマーソンモデル」下はチャックに憧れて買った「オリジナル'61PB」です。分厚いハカランダにパワフルなアルニコピックアップからアウトプットされるディープな音は、その後たくさんの名曲に刻まれる事に・・・・v(^_^)v

この後、'64からスラブ張りが廃止され、ローズ・ラウンド張りになる。これにも都市伝説が諸説有り「2種類の木の縮みの差からネックが反り、その影響を少なくするため」とか「単なるコストダウン」とか言われてます。でも個人的にスラブ張りのプレベが最強かと v(^_^)v

さて、このプレベ、なかなか良い音がしないと思った事無いですか?僕は初プレベが'76モデルだったので、相当手こずりました(^ ^; でもチャックやダックダンはノーマルのプレベでごきげんな音(^ ^; もちろん腕の差はあるでしょうけど・・・(^ ^; その原因を探ってみたいと思います。

« PB熱 ♪ オークションでの失敗(^ ^; | トップページ | プレシジョンベース 愛♪その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161784/36672589

この記事へのトラックバック一覧です: プレシジョンベース 愛♪その1:

« PB熱 ♪ オークションでの失敗(^ ^; | トップページ | プレシジョンベース 愛♪その2 »