フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »

2008年4月11日 (金)

PB62-70 WH/H

Pbfix02

サーキットは結局戻しました(^ ^; ノブごときに2千円もだせませんからね。ちょっとぼける感じはしますが、パワフルなのでちょうど良いくらいかもしれません。いや、ちょうど良いと思い込む事にします(^ ^;

Pbfix11

Pbfix12

最後に気になっていたピックアップカバーのテカリを、紙ヤスリでマット風に仕上げ完成です!まだネックが落ち着いてないですが、シンプルに良く鳴る楽器なので、ピックアップを変えて楽しんでみようと思います。

またおつきあいくださいv(^_^)v

2008年4月10日 (木)

ポット交換

元のサーキットはガリがひどかったので、交換する事にした。ついでにバリオームとキャパシタも交換してみる。

Pb01

これが元のサーキットです。キャパシタもちょっと変わったフィルムタイプのが付いてますね。ヴィンテージワイアーといい、交換されてるのでしょうか?

Filmcon

これがそのキャパシタです。たくさんサーキットは見ましたがこれは初めてです。

Sakuraya05

交換したのはこちらです。ビタミンQってやつで、秋葉のサクラヤで購入しました。

Pots01

Pots02

ポットはこちらです。これもサクラヤで飼いました。左がCTS¥400で右がALPHA¥210です。今回はALPHAにし、ワイヤーはそのまま流用しました。

Pb04

ここで問題が起きました。ポットがインチサイズなので、ノブが使えません。しかもFenderのUSAのパーツは馬鹿高いです(^ ^; で、とりあえずサクラヤでみつけたFender amp用(JazzBass風)のインチサイズで代用しました。

Pb

ちょっと間抜けですが、インチサイズのPB用を飼うまでの我慢です。


で、肝心の音なんですが・・・・

ほとんど元と変わりません(^ ^; むしろ高域は減ったかも(^ ^;


元に戻そうかな・・・・・(^ ^;

2008年4月 9日 (水)

Mac Book

Macbook

ついにインテルマックを買いました。ほんとうはOS9でも良かったのですが、さすがにネットはどうしようもないですね。iMac君もよく働いてくれましたが、音楽環境をコンパクトにしたかったので思い切ってレパード仕様のMacBookにしました。時々分けの解らない事が起こりますが、まずまず快適です。

Macbook02

液晶は思ったより見やすいです。それより2〜3年で陳腐化する商品が十数万もするこの現状、なんとかならないのでしょうか?アプリケーションも高すぎるように思います(^ ^;

かといってネット用に飼ったWinは画面見ると萎えてしまうし・・・

2008年4月 8日 (火)

Dancan SPB-2

サウンドハウスに頼んでおいたのが届いた。値段はなんと¥7500!これで白いどノーマルPBが生き返るはずv(^_^)v

Pbdan2pu01

Pbdan2pu02

パッケージはこんな感じ。取り付けビスとスペーサーゴムが同梱されている。実は候補にFender Original PB¥9200とBARTOLINI8S¥12800とかも考えたのだが、在庫とコストパフォーマンスでこれにした。

元々はUSビンテージが付いていたのだが、同じビンテージPUでも本家についているPUとはパワーが違う様な気がする。そこでパワーアップもかねてリプレイスを思いついたわけだ。特にFender純正はピックアップ下のシールド板も付いてこの値段だから、そのうち買ってみるつもり。

Pbwirring

ハンダは2カ所、ポッドやジャックも買って来たのだが、とりあえずそのまま付けてみた。ん?元の配線がちょっと違う(^ ^; キャパシタの取り付けが図と違うではないか???それにワイアーがビンテージタイプに交換されているようだ。どちらにしてもCTSとALPHAのバリオームは買ってあるので、そのうち取り替えてみる事にする。

Pbwh04

Pbwh05

PBのピックアップのリプレイスの時いつも思うのだが、取り付けビスの頭が邪魔をして上手く取り付けられない(^ ^; そこで手持ちの小さい頭のビスを付けて急場しのぎ、完成したv(^_^)v

これは80年後半のHシリアルの70番でPUはビンテージ、そのままだとちょっとおとなしかったけど、これにしたらすごく元気な音になった。どちらかというとミッドが強くてロー&ハイは控えめのタイプ。でもEQで調整できる範囲なので細部までチューンすると良いかもしれない。そうピックで弾くとスタジオ版のハイウェイスターの音がするのである。スラップはトーンを絞ればポップウェルそのものである。

本体の鳴りがすごく良いので、サーキットが上手くはまるとお気に入りの1本になりそうな気がするv(^_^)v

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »