フォト
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 謎の東洋美?人 iPhoneと格闘! | トップページ | 最愛の一本「Dan Electro」DC−Bass »

2008年10月14日 (火)

68kで最もスタイリッシュな1台「Quadra605」

Q605

1993の10月に発売された「Quadra605」です。これは国内では未発売のモデルで、北米仕様の475です。Quadraという名前ですが、CPUはコプロ無しの68LC040/25Mhzで筐体以外はLC475と共通です。475同様そこそこのパワーが有るので、拡張性を我慢し用途を絞ればけっこう使えます。10年程前、今はなきソフマップのトレジャー館で起動不能のジャンクとして購入!LC系というより610系のコンパクト版って感じの筐体はとてもスタイリッシュで、LC系としては最も好きな筐体の一つです。

Q607

VRAMは標準では512k(256k x 2)ですが1024k(512k x 2)に増設可能で832x624で32000色、1152x870で256色と十分な性能を持っています。

Q608

チップ抵抗の位置交換で簡単にクロックアップでき33MhzにしてPPCアップグレードカードを載せています。これでPPC601/66Mhzになっています。メモリはノーマルの68kだと132MB(128MB+オンボード4MB)まで認識しますが、PPCアップグレードカードを入れると36MB(32MB+オンボード4MB)しか認識しません(^ ^;

カードには68kのCPUを載せるスロットが有り、コンパネで68kとPPCの切り替えが出来ます。PPCモードではVRAMを追加しても認識できないので、一度68kモードで解像度の切り替えをしてからPPCモードに切り替えて下さい。

ジャンクの理由は電池切れに因る起動不能でした。電池切れだと起動音はしますが、画面が真っ暗なまま起動しません。当時は色々問題になったようですが、不具合の少ない素性の良いマシンの一つです。久しぶりに電源を入れたのですが、電池を入れ替えればしっかり起動してくれましたv(^_^)v


« 謎の東洋美?人 iPhoneと格闘! | トップページ | 最愛の一本「Dan Electro」DC−Bass »

コメント

こんにちは
 mixiの足跡経由で来ました。

 Q605は良いですねぇ。うちは、LC475が何台か在りました。
 33MHzにするとIDが変わっちゃって、OSを入れるのが少し、
 面倒でしたね。名前は忘れましたが、IDをだますソフト在りましたね。

いらっしゃいませ。

確か「Wish I Were」というフリーウェアでしたね。

INITをいれてコンパネで機種指定をして、ゲシュタルトコードを騙してやるやつです。

475もそうでしたか(^ ^; 575のボード入れたカラクラはこれのお世話になりましたが。システムのバージョンによって、いろんな方法がありましたね。

忘れないうちにまとめておかなければ(^ ^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161784/24487287

この記事へのトラックバック一覧です: 68kで最もスタイリッシュな1台「Quadra605」:

« 謎の東洋美?人 iPhoneと格闘! | トップページ | 最愛の一本「Dan Electro」DC−Bass »